相続・遺言

TOP > 相談・遺言

相続

このような方はご相談ください

  • 急に親が亡くなった・・・

  • 不動産の名義が亡くなった親のまま・・・

  • 遺産を分けたいのだが・・・

  • 親が借金を残して亡くなった・・・

  • 預貯金や株券などの遺産の名義を換えたい

相続は、どこのご家庭でも避けては通れない問題です。それは財産の多寡とは関係がありません。
不動産や預貯金・株券などお持ちでしたら、速やかに名義を書き換えておくことが重要です。放っておくと自分の子や孫の代が手続をすることになり、時間が経つと手続は煩雑になっていきます。
また、相続人が複数の場合、遺産の分け方についてキチッと文章に残しておくことをお勧めします。話し合いが整わない場合は、裁判所に調停や審判を申し立てることもできます。
親が借金だけ残して亡くなった場合は、相続放棄をして借金を次の世代に残さないような手続も必要となります。

私たち専門家は以上のような相続にまつわる色々な手続をお手伝いします。
まずはお気軽にご相談ください。

遺言

このような方はご相談ください

  • 子供、親がなく、残る配偶者にマイホームその他の遺産を残したい

  • 特定の子供に特定の財産を引き継がせたい
    (特に商売を引き継がれるときには必要です)

  • 暴力をふるう子供には財産を引き継がせたくない

  • 遺産を寄付したい

我が家は大丈夫と思っていても、いざ葬儀が終わって遺産を分ける話が始まると争いが始まるケースが後を絶ちません。相続人の配偶者が色々と口出しをしてくることもよくある話です。
自分が亡くなった後に配偶者や子供に無用の心配をさせないためにも、遺言はキチッと残しておくのがベストです。
また遺言は何度でも書き直しができます。ご自身の人生を振り返るよい機会でもあり、ご家族としっかりこれからの家のことを考えるよい機会でもあります。

遺言には色々な方式がありますが、公正証書遺言という方式がもっとも安心な手続です。
私たち専門家は以上のような遺言にまつわる色々な手続をお手伝いします。
まずはお気軽にご相談ください。

不動産登記・商業登記・債務整理・各種許認可申請・簡易裁判所での訴訟代理業務・その他法律に関する諸相談など、まずはお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合せ

home

facebook