成年後見

TOP > 成年後見

成年後見

このような方はご相談ください

  • 父の判断能力が低下してきて、高価な壺や必要のない工事の契約などをしてしまう・・・

  • 認知症の両親を施設に入所させる為に、不動産や株式等を現金化したい・・・

  • 統合失調症の親族がいるが、自分が遠方に住んでいるためサポートできない・・・

少子高齢化社会と言われて久しくなりました。現在、一人暮らしの高齢者の方が多くなってきています。元気で色々な判断ができるうちは問題ありませんが、年とともに判断能力が低下していくことはやむを得ないことです。
そこでご本人や親族の申立により、成年後見制度をご利用されることをお勧めします。判断能力の低下したご本人に変わって後見人が手続をしたり、ご本人が締結した不必要な契約を取り消したりすることができます。
ただし、ご本人に代わってする手続等はあくまでご本人のためにする必要があるのは言うまでもありません。また、居住用の不動産の売却などをされる場合は、あらかじめ家庭裁判所の許可が必要です。

私たち専門家は以上のような成年後見にまつわる色々な手続をお手伝いします。
まずはお気軽にご相談ください。

不動産登記・商業登記・債務整理・各種許認可申請・簡易裁判所での訴訟代理業務・その他法律に関する諸相談など、まずはお気軽にご相談ください。

メールでのお問い合せ

home

facebook